人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2019 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    07 2019/08 09
    S M T W T F S
    2 3
    6 7 8 9
    11 12 13 14 16 17
    18 20 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
     

    前々から気になっていたもの。
    行ってきました。 

    新世界「透明標本」展
    http://www.khb-tv.co.jp/toumeihyouhon/index.html

    肉質は透明
    青や紫に染色された骨、
    まるで今にも動き出しそうな、
    躍動感があって綺麗な標本。

    サイエンスというよりは
    もはやアート。
    ずーっと見てられます。
    こどもよりおとなが夢中になります。

    8/25までですので、お見逃しなくー!

    マネージャー山崎
     




    やっと梅雨が明けましたね。

    南東北の梅雨明けは平年より5日遅いみたいです。

    休みを利用してビアガーデンへ行ってきました。

    外でお酒を飲めるのはこの時期ならではですね。

    ルーシーでもテラス席を開放しています。

    今時期ならではのルーシーをお楽しみください!

    Shinsuke



    先日、人生で2度目のタピってきました。
    人生初のタピは、今年4月に東京で。
    若女子だらけ。
    今回は仙台
    やはり若い女子だらけ。
    おじさんには入りづらい。
    でも、娘がどうしても行きたいというので。

    2個注文(今回も)
    「タピりたい」というクセに
    半分でもういい(前回も)
    結局、1個半飲むことに。
    お腹ははもうタプタプ。

    調べてみたら、仙台にもずいぶんタピオカのお店があるもんです。
    移り変わりが早い世の中。

    来年、いや半年後には何店舗が残っているのか?
    流行りに乗ることはカンタン。
    その商品に価値のあるモノにすることがタイセツ。

    マネージャー山崎


    自家焙煎珈琲豆屋さんの

    BALEARIC COFFEE ROASTERさんへ。

    休日時間があるときは

    家でゆっくりコーヒータイム

    今日はルーシーのオリジナルブレンド

    でまったりしたいと思います。


    ルーシーでもこちらの豆を

    使用したオリジナルの

    ブレンドコーヒー

    オーダーが入ってから一杯ずつ

    挽きたての豆を

    ドリップしてますので

    食後にどうぞ。

    Tsukasa Sasaki

    新聞のテレビ欄を見ていると「Tリーグ」の文字が

    ニュースで卓球の新しいリーグが日本にできるのは聞いていましたが

    テレビで放送があるのは知りませんでした。

    気になったので少し検索してみると

     近年、五輪や世界選手権などの国際大会で当たり前のようにメダルを持ち帰る日本卓球の躍進は、日本卓球協会が2000年代に入り力を入れてきた若手選手のタレント発掘や育成強化のたまものと言えるが、選手たちが育ち高い競技レベルに達した時の練習相手の不足や試合環境には課題を抱えてきた。

    10万円チケット完売!なぜ卓球プロリーグ「Tリーグ」が誕生したのか?


    こういった理由もあるみたいですね。

    張本や平野など勢いのある若手も多くいますしさらにレベルアップしてくれると来年の東京五輪がますます楽しみになります。

    Shinsuke



    いまいち波に乗り切れてない様に見える日本代表…

    中島翔哉がいないのが痛いのでしょうか。

    次節は明日ウズベキスタン戦です。

    スタメンを大幅に変えて挑むようなので乾に期待です。

    【もう一度見たい】 ベルギー戦での乾貴士のスーパーゴール!!

    Shinsuke

    年末は新年に向けてモノを買い替えたり、新しモノを購入したくなります。

    先日購入したものは松浦弥太郎さんの「日日のきほん」。



    日めくりカレンダーのようになっていて1日1日をていねいに暮らすヒントが書かれています。

    表にはイラストと一言、裏には長めの文章が。

    毎日に新しい考え方をプラスしてもらえる気がします。

    Shinsuke



    先週の休日、友達とランチに
    「平井スパゲティ」へ行きました。

    月に1、2回は食べに行くお店。

    メニューがとっても豊富!
    200種類くらいあるかなー?


    パスタは例えば

    トマトソースにクリームを足すだけで
    トマトクリームソースになって

    違った味わいを楽しめたり

    種類を増やすのはそんなに
    難しいことではないのですが

    あんまりにも種類がありすぎて…

    どうやって管理してるんだろうか?
    なんて職業柄、疑問に思ったり。


    私は色々迷って、いつもと同じ
    「タラコクリームとツナとキムチ」1,330円



    何だかちょっと不思議な組み合わせに
    思えますが、キムチの辛味と酸味が
    タラコクリームパスタに絶妙に合うんです。


    コレとコレ。

    きっと合わないな、と
    頭ごなしに決めつけずに

    もっと色んな料理に
    組み合わせに挑戦しよう!


    abe
    先日、知人に「料理もお酒もサービスも
    ぜーんぶ、素敵なお店があるよ!」と
    紹介された居酒屋さんに行ってきました。


    少し分かりずらい場所にあるお店
    外に大きな看板を出しているわけではない。

    薄暗い階段を登り、入口を開けると

    「いらっしゃいませー!!!」

    スタッフの皆さんが明るい声でお出迎え。


    何だろう、とても気持ちがいい。


    まずはビール。そしてお通しは3種類から
    好きなものを選ぶスタイル。

    そのときの気分でお通しが選べる
    このスタイルも好きだなー。







    そして目の前にある、これが気になった。

    1回の金額は、500円。

    何が出るんだろうと思っていると
    常連さんらしきサラリーマンたちが

    「今日もそろそろガチャポンの時間だな」

    と、ガチャポンを2回まわすと

    1つは『おばんざいちょっとずつ盛り』
    2つは『刺身2切れずつ盛り』

    が、当たって?いました。

    たぶん何を引こうが、当たりの嬉しい内容。


    すでにたくさん料理を頼んでいたので
    このときはガチャポンを断念。

    次は必ずやろう!!!!!


    ルーシーでもガチャポンみたいな
    お客さんに楽しんで喜んでもらえる

    面白いことが出来たらいいなぁ〜と

    考えた夜でした(^^)


    abe

    SEIYUにて、葉物野菜を眺めていると

    普通のよくあるサンチュが
    こんな名前で売り出されていました。



    「包むとおいしい菜」

    芸が細かい、何だか手に取りたくなる名前。

    商品名を変えただけで売り上げが
    何十倍にもなったという話も聞きますよね。

    そのままの、分かりやすい
    簡単な名前だけが良いわけでもないし

    全くそれが何なのか、想像もつかない
    分かりにくい名前だと購入しづらい。

    ネーミングって大切ですねー。


    ルーシーのメニューはどうかな?

    もう一度、見直したいと思います!


    abe
    HOME 次のページ
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /