人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2019 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Calender.
    05 2019/06 07
    S M T W T F S
    3 4 7
    9 10 12 13 14 15
    17 18 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
    先日のブログでアルバムを絶賛したトロイモアですが、

    MVでのスタイリングも秀逸。



    音楽のセンスがいい人は洋服のセンスもいいのでしょうか。

    Shinsuke



    外にお酒を飲みに行くと
    密かに楽しみなことがあります。

    それはオススメが上手な店員さんと
    話をして、そのオススメを試してみること。


    「うちのお店はコレが一押しで
    このお酒と合わせると最高ですよー。

    今の時期がいちばん美味しくて
    ○○県産の朝採れなんです!」

    文章にするとありきたりな感じですが

    目を合わせて、しっかりと力強く
    説明してくれる店員さんだと

    熱というか意気込みが伝わってきて
    ついつい注文したくなりますね。


    お酒や料理について、スタッフ同士で勉強して
    きちんと理解しているんだなと感じます。




    写真は最近行った居酒屋さんで
    熱燗にはコレです!と熱く勧められた

    「明太子の炭火炙り」

    もちろん相性抜群でした☆


    メニューを手に取って眺めていたら
    さりげなく声をかけてくれる店員さん。

    そんな店員さん、大好きです。


    abe
    このごろ、読書にハマっています。

    タイトルに惹かれて、最近読んだ本はこれ。



    40年以上前の1976年に刊行された本ですが
    社会が進化しても変わらない“女性の生き方”を

    “料理”と“台所”を通して
    教えてくれるエッセイです。


    家事を手放すことが女性の自立ではなく
    自分の生活、暮らしを確立してこそ

    聡明な生き方ができる!と
    痛快?豪快?な語り口で心地よい。


    すぐれた料理人の条件とは?

    「果断な決断と実行」
    「大胆で柔軟な発想力」
    「機敏な運動神経」
    「冷静な判断力」

    これは料理だけではなく、仕事はもちろん
    普段の生活にも必要な能力だと。


    ちょっと苦手な人もいるかも、というくらい
    テンポよく、はっきり書かれていて

    私は読んでいて面白かったなー。


    柔らかい物腰と芯の強さをもった
    そんな人間でいたいですね。

    まもなく29歳。女性らしさ、自分らしさ
    いろいろと考えさせられます、、、


    abe
    普段あまり本を読まない私ですが
    時々引っ張り出して何度も読む本がこれ。

    中華料理人の陳建一さんが書いた
    「段取り」の鉄人。



    料理人として日々の仕事の段取りから
    自分らしく生きるための段取り。


    たくさんの予約をいただく年末年始。

    今日明日の営業だけではなく

    数日先のことを考えて、仕込みや
    発注をしなくてはいけない。

    そこで「段取り」がとても大事になる。

    Lucyに来て3回目の冬。
    去年よりは上手くやれているかな?


    「段取り」というのは

    作業を効率化し、時間短縮するのは
    自分がラクをするためではなく

    相手のためにひと手間を増やす時間を
    確保するのが目的と考えよう。

    と、書いてあって
    本当にその通りだなと思った。

    仕事は自分本位になってはいけない。

    それは普段の生活でも言えること。


    何だか難しい話に
    なってしまったけれど

    今日も「段取り」を意識して

    頑張ろうと思います。


    abe
    アパートを出て徒歩3分に
    居酒屋さんがある。

    とっても気になるけど
    暖簾で中でよく見えないし
    入りづらい、、、

    そんなお店に最近
    勇気を出して入ってみた。


    入り口を開けるとなんとカウンターに
    知り合いのおばさまが!!!

    おばさまといっても70代後半なのですが
    年齢よりかなり若々しくパワフル☆

    朝までガンガン飲んで中華料理で〆
    なんていうことを平気でしちゃう大先輩。



    その先輩のおかげで初対面の店主の方や
    隣に座ったおじさまたちと盛り上がり

    飲みすぎの食べすぎ。(いつものことですが

    小さいお店だからみんなを巻き込んで
    どんどん盛り上がって大宴会みたいになった。




    年齢、性別、職業その他もろもろ気にせず
    ほろ酔いになると深い話が出来たりして。

    たまにムッとすることを言われたりもするけど
    ステキな出会いもたくさんある。

    ひとりでフラッと飲みに行くのも悪くない。

    ルーシーもそういうお客さんが
    増えてもいいのかな?と考えてみたり…


    色々考えると難しい。

    シンプルに「楽しい」と思えるお店
    それがお客さんが集まるお店なのだと思った。

    頑張ります。


    abe

     





    少し前ですが


     


    ZOZOTOWNの前澤社長が民間月旅行の権利を買い取って話題になってましたね。


     


    ZOZO前澤氏の月旅行は総額750億円以上か?


     


    月の近くまで行って帰ってくるというのは何とも夢のような話。


     


    バスキアの絵を購入したり派手な出費で世間をにぎわせていますが


     


    せっかく稼いでいる人ですからもっといろんなことにお金を使って話題を作ってもらいたいです。


     


    Shinsuke





    先日の旅行で泊まったホテル。

    朝食ブッフェが県内1位の人気らしい。

    その中でも1番人気がミニバーガー。




    新鮮な野菜と少し甘めのソース。

    小さくてもしっかりとした存在感。確かに美味しい。


    ルーシーはアメリカンスタイルのお店。

    メニューにハンバーガーがあってもいいハズ。

    次の試食会でお願いしてみたいと思います。

    Hosokawa



    先日、本屋にふらっと立ち寄った時に好きなシリーズものの小説の新刊を発見。

    最近本読んでなかったなーと思い、そのまま購入。

    まとめて読む時間は無かったので、ちょこちょこと読み進め、やっと読み終わりました。

    やっぱり面白い!

    次の本はいつ出るんだろ?てかこれいつ発売されたんだろ?

    と思い発刊日を確認してみると・・・2年前。

    最近読んでないなーって状態じゃなかった・・・


    まもなく8月も終わり。

    今年の秋は時間を作って、読書の秋にする予定です。

    Hosokawa





    連日熱戦が続いている甲子園。

    今年は100回の記念大会で、いつもより7校多い56校が出場しています。

    今日は東北勢のトップバッターとして秋田の金足農業が出てきます。

    東北の高校はまだ優勝したことがありません。

    地元の仙台育英はもちろんですが、他の東北勢にも頑張ってもらい、

    今年こそはぜひ悲願を達成してほしいです。

    Shinsuke
    ここ数日は暑さが落ち着いていますが
    うだるような暑さが続いていましたねー。

    最近、うだる=茹だるだと
    初めて知りました。恥ずかしながら…

    暑さで茹で上がってしまうようって
    意味らしいのですが、何となく
    使っていました。。。


    暑いときこそ、肉を食べよう!とテレビや
    ネットの記事で特集されていました。

    そんな中で東京の六本木にある
    BENJAMIN STEAK HOUSEが紹介されていて

    うわーと感激したこのステーキ!





    ニューヨークに本店があるお店なので
    皿ごと焼き上げるスタイル。

    なかなか手が届きそうな金額では
    なかったのですが、いつか食べてみたい☆


    ルーシーのステーキだって負けてませんよ。

    暑さに負けずルーシーで
    熱々のステーキはいかがですか?

    お待ちしてます。


    abe
    HOME 次のページ
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /