人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    06 2018/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 5 6
    8 9 11 13 14
    15 17 18 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
    日本代表なんとか突破しました。

    まぁそうゆう仕組みだし

    じっさい1勝1分1敗というのはすごいことなんですが

    最後がこうゆう終わり方だとモヤモヤしてしまいます。

    決勝トーナメントでは負けていい試合はありませんのでしっかりやってもらいたいですね。



    Shinsuke

    サントリーウィスキーの「白州12年」と
    「響17年」の販売を休止するというニュース。

    Amazonや楽天市場で見てみると
    かなり値段が跳ね上がっていますね…

    ここ数年、海外でも大人気の
    ジャパニーズウィスキー。


    2月に山崎蒸留所の視察に行き
    作り手の方から直接お話を聞いて

    長い時間をかけて大事に
    大切に作られていることを
    勉強してきたばかり。

    10年20年先の需要を見越して
    生産するのはとても難しいこと。

    ちょっぴり寂しいけど、仕方ないですね。


    そういうことに思いを馳せると

    今度ウイスキーのグラスを傾ける時には
    また違った味わいになるかも?


    あと何年後になるか分かりませんが
    楽しみに待ちたいと思います!




    といいながら
    知多がいちばん好きな
    阿部でした…
    仕事終わり、お酒を飲んだ帰り道

    無性に本格的なカレーを
    欲することがあるのですが、、、

    そんな時に必ず行くお店があります。

    バーだけど、多国籍料理屋さん。


    店主のお兄さんは脱サラして
    未経験で飲食店を始めた方なのですが

    誰にでも優しくって柔らかな語り口

    そして、間違いなく
    美味しい料理(特にカレー)を
    作ってくれるので

    真夜中でもお店は
    とても賑わっています。

    世界中どこでも行きたいと思った場所に
    すぐに飛んでいってしまう人で

    色んな国の面白いエピソードなんかを
    聞けるのも楽しみのひとつ!


    この前はスリランカカレーを食べました。
    骨つきチキンカレー&豆カレー



    このお店はカレーを目的に
    来るお客さんがほとんど。


    お肉が食べたくなったら、ルーシーだ!
    そう思ってもらえるようなお店作り

    頑張りたいと思います☆


    abe



    少し前ですが日本代表の監督のハリルホジッチが更迭されましたね。

    W杯まであと2ヶ月という時期なのでビックリでした

    本大会の予選グループを突破するためにどんなプランを用意していたのかとても気になりますが

    あの成績では仕方ないのでしょうか

    なんにせよグループリーグ突破してくれることを願ってやみません。

     

    Shinsuke

    今朝、通勤のために地下鉄に乗ると
    何だかいつもと違う雰囲気が…

    毎日、同じ時間に乗っていると
    見慣れた顔の人たちがいるのですが

    昨日から〝新社会人〟であろう
    緊張した面持ちの人たちがチラホラ。

    こっちまで緊張してくるような
    ピンっと張り詰めた空気。

    何だか私も気が引き締まりました。


    「初心忘るべからず」で
    日々の慣れや甘えを見直して

    丁寧に仕事に取り組まなくちゃ
    と、改めて思いました。


    仙台の桜も満開に近づいてきましたね。
    近所の神社の桜がとても綺麗でした。



    お花見の前やお花見のあと

    もちろん花見に行かない人でも
    Lucyで1杯、いかがですか?

    本日もお待ちしてます☆


    abe


    今日はバレンタイン。

    バレンタインと言えば思い浮かぶのがこの映画

    Valentine's Day」

    2010年の映画、

    シャーリー・マクレーンやジュリア・ロバーツ、

    ジェイミー・フォックス、アシュトン・カッチャー、

    アン・ハサウェイ他、

    ハリウッドを代表する俳優たちの豪華共演。

    15人の男女の様々な恋愛模様を

    1日の時間の経過とともに様々な角度でみていく映画。

    泣いたり笑ったりのバレンタイン。

    いつ見ても面白いけどこの季節に見るとさらに面白いかも?






    Hosokawa


    5日、ジャパニーズウィスキーの聖地

    京都にあるサントリー山崎蒸溜所の
    視察に行ってきました!!!



    発酵槽、蒸溜釜、貯蔵樽に
    何十何百ものこだわり。

    それが新しくて綺麗だから
    良いという訳ではなく

    発酵槽や貯蔵樽にはウィスキーが

    美味しく、風味豊かになる
    菌や香りがついていたり、、、

    大事に手入れをし、管理して
    何十年も活躍している。

    その少しの形や大きさの違いで
    生み出される多様なウィスキー原酒。

    それをブレンドして様々な
    ウィスキーとして売り出されること。


    世に出回るのは10年先くらい。

    その時どんなものが流行るか
    というのは、予想しづらいわけで

    とても難しいお仕事。


    たくさんの職人さんたちが
    とてつもない手間と時間をかけ

    情熱を持って作られているということを

    蒸溜所を見学したことにより
    目、鼻、舌、身体中で感じました。






    思い出すと興奮してしまうくらい
    とてもいい思い出になりました。






    普段ほとんどウィスキーを飲まない私。
    浅く薄っぺらい知識しかありませんでした。

    これを機にウィスキーについて
    もっと学びたいと思ったし

    ウィスキーに合う料理も提案していきたい。

    そしてウィスキーが飲みたくなりました。


    このような素晴らしい
    機会を与えてくださった

    サントリーの荒木さんと社長に感謝です。

    ありがとうございました!


    abe
    遅ればせながら、、、

    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いします!


    元旦から新しいことをはじめました。

    それは家計簿をつけること。

    1人暮らしも今年で10年目に突入。

    三十路手前でテキトーにお金を
    使っていてはイカンッ!と思いまして。


    今までは携帯アプリで
    記録していたのです、が

    銀行の口座やポイントカードと
    連携すると、数字を入力する必要がなく

    どんどん勝手に家計簿が
    記録されていくのです。

    楽だし、時間もかからないけど
    お金を使った実感があまり湧かない…

    なので手書きにしてみようと思い
    今回は初めてのノートタイプ。


    3日坊主になりがちな私ですが
    今のところは、継続できています。

    手書きだと自分で計算したり
    細かいことまでメモを残せるし

    家計簿はアナログのほうが
    調子がよさそうです。

    お酒を我慢したら貯金できるかな(T_T)




    今年は「継続は力なり」日々の
    積み重ねを大切に、そして意識して

    普段の生活も仕事も楽しみながら
    頑張っていこうと思います!


    abe
    最近、いつも通り過ぎている

    近所の昔ながらのお蕎麦屋さんに
    勇気を出して入ってみた。

    店内は狭くて、席数も多くはない。

    でもご近所さんらしき方たちや
    一人客で賑わっている。


    出迎えてくれた60代くらいの女将さん

    「いらっしゃいませっ。ようこそ!」と
    気持ちのよい、元気な明るい声。

    ようこそって久々に言われたなーと
    思いながらオススメと言われた蕎麦を注文。

    「風が冷たいねぇ、急に寒くなって」

    なんていう軽い世間話をしながらも

    他のお客さんのお冷を絶妙なタイミングで
    継ぎ足したり、空いたお皿を下げたり

    背中にも目がついてるのかと思うほどの動き。


    「お待たせしました。とっても熱いので
    気を付けて召し上がってください」

    そして帰りは店先までお見送り
    「お気をつけて。またお待ちしてますね!」

    なんだか文字にすると
    当たり前のことでしょ?って感じ。

    でも心がこもっていて
    何だかあったかい気持ちになる。

    お蕎麦も優しい味で
    とっても美味しかった。



    長く愛される秘訣はこういう
    積み重ねなんでしょうね。


    あったかいお蕎麦とあったかい接客で
    身も心もポカポカなりました。


    abe

    僕の小学校から高校まで同じ学校だった友人が今年の12月に結婚式を挙げる事になりました。

    もちろん結婚式に出席するのですが更に二次会の幹事を任せられる事に。

    選考理由は飲食店で働いているので慣れていそう、との事。

    確かにルーシーでも結婚式の二次会は多く、幹事様のサポートは慣れていますが幹事側は初めての経験。

    まぁなんとかなるだろうと安請け合いしたのですが幹事側と店側では勝手が全然違いました。

    お店選びから催し物、景品など。
    結局は他の幹事さんに頼りっきりとなってしまいました。

    まぁこれも経験。
    幹事の大変さもわかり、やはり僕はサポート役の方が性に合っていると再認識できたので。

    幹事としては頼りない僕ですがサポート役としてはきっと役立ちますよ!

    結婚式二次会、貸切宴会などの問い合わせもお待ちしております!

    Hosokawa

    HOME 次のページ
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /