人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 4 5
    7 8 10 11
    13 15 17 18
    20 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.


    僕は競馬が好きだ。

    競馬といえばただのギャンブルと思う人もいるだろうが、ちゃんとしたスポーツである。

    競馬好きの人はふたつに分かれる。

    ・お金が欲しいから土日に副業としてやる者

    ・馬とゆう生き物の魅力、ジョキー、調教師、牧場の人たちの人間味ある物語に魅了された者

    僕は完全後者だ。

    だから僕は好きな馬は絶対買う。

    どんなに人気がなくても買う。

    何度負けようが絶対いつか勝ってくれる。

    いや、勝ってほしいとゆう願いなのかもしれない。

    応援し続けた先にお金もついてくる そんな感じだ。




    岩手県盛岡市で生まれた僕は幼いころから親父に競馬場に連れていかれた。

    競馬場は行ったことがある人ならわかるとおもうが子どもにとっては遊園地である。

    アスレチックはあるし、動物も触れる、なんならポニーにだって乗れる。

    小学校で夏休みあけ友達は家族でディズニーランドに行ったと作文を読む。

    うらやましいなんて思ったことは一度もない。

    親にディズニーに行きたいなんて言ったことは一度もない。




    だって幼い僕にとっての夢の国は




    実家から車で20分の盛岡競馬場だったんだから。




                                         Minamihaba




    RVCA
    ルーカって読みます。
    大好きなアパレルブランドのひとつ。

    私服で勤務の Lucy&Glutton
    洋服って個のスタイル、センス、バランスが映る鏡。
    特に夏はTシャツでというのが多い毎日。
    今日は、どのTシャツでいこうかな?
    毎日考えます。

    先日、先輩にマーケティングとは、
    社長、会社の主義、主張を売ることですって言われました。

    Tシャツ1枚だけど、大切に主張していきます。

    私のお店は、
    どのような考え方で経営し
    どのようなお客様が利用し
    どのように愉しんでいただきたいのか

    いつまでも
    街の中にあって
    ちょっぴり潮の香りのする素敵なお店でありたい・・・

    がんばろう!


    一の坊の高橋先輩、
    いつもアドバイスありがとうございます。

    Shinji Omiya.



    私、ポスターマニアでもあるんです。
    RALPH LAUREN GLAMOUROUS PENELOPE CRUZ
    額装で買っちゃいました。

    ペネロペ・クルス
    イキゾチックですね~
    小悪魔的な女優から、
    今は、このポスターのタイトルの如く
    グラマラスでゾクッとしてしまう女性です。

    映画では、やっぱり BLOW が好きかな。

    家には、たくさんのポスターがあります。
    お店を自分の趣味と気分で変えられる社長の特権
    これからもコマ目に行使しようと思っています。

    お店は生き物です。
    いつも新鮮に保ちたいものです。

    Shinji Omiya.




    オジサンだけど
    お店に立つ機会が多いので
    Tシャツには、とっても気をつかってるんです。

    っていうことで、最近のお気に入り BANKS

    BANKS(バンクス)…..
    ビーチブレイク(波)を生み出す海底の砂山。
    海面から見えずとも、深いところで波を生み出す根源を担う存在。
    サーフカルチャーの中でそんな存在になりたいとの想いから
    BANKSと名付けられたブランド。

    BANKSの中心メンバーであり、プロダクトのデザインを担当するのは
    Rip Curl、Rhythm、Hurleyとサーフ業界のメインストリームの中で
    プロダクト・デザイナーとして活躍してきたサーフ業界の表も裏も知るTim Cochran。
    そんなTimと”Sam Coombes” “Jay Quirk”の3人によりBANKSはスタート。

    そしてROIAL のメインライダーであった〝BRAD GERLACH”。
    パタゴニアのTシャツのグラフィックデザインを手がけるなど、
    ジャンルに捕われない幅広い創作活動を展開している〝CHRIS DEL MORO”
    オーストラリアからTCSSデザインチーム、
    及びサーフ系大手ブランドの元チーフデザイナーが参加し
    アメリカ、オーストラリア、日本の三ヶ国を拠点に、
    フランス、インドネシア、カナダなど世界へ展開しています。





    BRAD GERLACHっていったら
    ボク達世代のカッコイイサーフアイコン的存在。
    年代も一緒ぐらい。

    もう、ドンピシャでしょ。
    オーガニックな素材で着心地も最高。

    この夏のヘヴィーローテーションまちがいなし。

    いつも着てても、ちゃんと洗ってるからご心配なくです。

    Shinji Omiya.







    今週、個人的に海開きします。
    去年は、左足の肉離れで早めに終了したサーフィン生活。
    今年は、存分に満喫する予定。
    予定だけどね。
    仕事、プライベート、いろいろあるんです。
    でも、時間は自分で作るもの。
    どうにか、時間を作って、少しでも水に浸ろうと思っています。

    お店に来ていただいている多くのサーファーのみなさん、
    海で会ったら、なるべく優しくしてください。お願いします。
    優しく感じたら、ビールの一杯でもご馳走しますね。

    タノシミ・・・

    Shinji Omiya.






    ぼくの愛車です。
    BMW Z4

    BMW初の女性デザイナーによるオープンカーです。
    この車を見ると、女性も車もオシリが肝心って思うんです。
    後輪を包むゆるやかな曲線、なんてグラマーなんでしょう。
    キュッと上を向いたヒップは、躍動感を感じます。
    この週末、暖かかったですよね。
    オープンカーでドライブです。

    隣りには、6歳の息子。
    風を感じて、音楽をガンガン流して・・・
    父親が口ずさむ洋楽を、一生懸命マネしてます。
    顔も腕も真っ黒っていうか、真っ赤。
    キラキラの週末でした。

    キラキラといえば・・・
    Lucy&Glutton
    今、輝いているのでしょうか?
    お客様を元気にしているのでしょうか?

    お店は、
    キラキラ、ドキドキ、ワクワクがいっぱい詰まったおもちゃ箱のようでなくちゃ。

    ニューヨークとカリフォルニア

    料理、サービス、インテリア、BGM、
    すべてがピカピカに輝くように
    さあ、この一週間も全力でがんばろう!

    Shinji Omiya.




    ボクの家の下駄箱にはVANSのスニーカーがたくさんあります。
    OLD SKOOL がいっぱい。

    そんなVANSフリークのボク、
    今、イタリアでは、スリッポンシューズのプレミアム仕様が人気とのこと。
    っていうことで、
    バーニーズニューヨークのイタリア製スリッポン買っちゃいました。

    ゼブラ柄、レザー仕上げの伊達な靴。
    こんな雪が積もった道路はかんべんしてっていうくらいキレイでしょ。

    でも、レザーでハラコ 履くなら今の季節しかないよね。
    素足で履きたいけど、寒いし、どうしよう・・・

    そんなこと買う前に悩めよって一人突っ込みしちゃってます。

    Shinji Omiya.


     



    Lucy&Glutton NYCのご近所さん
    マナビンのお店がちょっと近くにお引っ越し。

    引越し終わったよっていうメールをいただき
    早速、開店のお祝いに・・・

    さすが、仙台アメカジ界のレジェンド マナビン。
    センスの良いお店に仕上がっていました。

    アメリカの雑貨に紛れて、ティファニーのリングを発見。
    先日、カルティエで欲しかった指輪をはめてみたら
    似合わないのにビックリってこともあり
    いかしたピンキーリングを探していたボクにピッタリなリング。
    シンデレラのガラスの靴のごとくベストマッチ。
    即、ご購入。

    ボルドーレッドの & Vintage のロゴTシャツに
    ちょっと古めのサングラス

    いいお買い物ができました。

    また、近いうちに行ってみよう。

    まなぶくんガンバッテね!

    Shinji Omiya.





    大好きな俳優でした、
    ポール・ウォーカー。

    甘く
    危険な香りがする
    カッコイイ男。

    なんか男から見て、カッコイイんだよね。

    11月30日(現地時間)にカリフォルニア州で自動車事故で亡くなったと
    People.comなどが報じた。40歳だった。

    突然のことで驚いています。

    心よりご冥福をお祈りいたします。

    Shinji Omiya.


    これで最後にしよう。
    何度思ったことか・・・
    時計を買うたびにそう思います。

    それは、満足感からなのか、
    高価なものを買ってしまったというちょっとした罪悪感なのか

    時計好きの「これで最後」ほど、当てにならないものはないのではって思うくらい
    繰り返す時計のお買い物。

    っていうことで、
    憧れのキャプテンハリウッド、スティーブ マックイーン が栄光のルマンで使っていた
    Heuer MONACO
    買っちゃいました。

    アンティークのステンレスブレスレッドのモデルです。
    結構、毎日しちゃってる感じ。
    気にいってます。

    スティーブ マックイーンみたいに
    危険な香りのする男になるつもり。

    Shinji Omiya.


    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /