人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2018 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    06 2018/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 5 6
    8 9 11 13 14
    15 17 18 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.


    先日のブログ記事で紹介した 

    チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」

    のMVを撮っているのが ヒロムライ です。

    この人のMVは他のも面白いものばかりです。

    是非1度見てみてください。






    ちなみにチャイルディッシュ・ガンビーノ(=ドナルド・グローヴァー)主演のドラマも何話か監督をしているらしくそちらも気になります。

     


    Shinsuke



    apple musicのニューリリースの欄にスーパーカーの文字が。

    解散してだいぶ時間がたっていたのでびっくり。

    「PERMAFROST」

    デビュー20周年を記念し企画された、初のオールタイム・ベストアルバム。

    新譜ではなかったのでがっかりしたような安心したような。

    スーパーカーは高校から専門学校時代にかけてリアルタイムで聞いていて、すごくはまったバンド。

    スーパーカーを聞いていると 当時のことが脳裏によみがえってきます。




    Shinsuke







    音楽を聴くことが趣味の一つですがとりわけHIPHOP。その中でも90年代の物が好きです。

    80年代の曲よりは音楽として洗練されているけど、00年代よりも荒く生々しい感じ。

    名曲、名盤が多数ありますがまだまだ未聴のものがあり新たな出会いがあります。

    最近よく聴いているのはZimbabwe Legit(ジンバブエ レジット)の「Brothers From The Mother」

    ジンバブエ レジットはアフリカのジンバブエ共和国出身の兄弟ユニット。

    彼らのルーツのアフリカの民族楽器や歌声などがトラックに入っていてとてもクールです。



    Shinsuke


    趣味の一つが音楽を聴くこと。

    レコードをかけて贅沢にというのではなく

    専らアップルミュージック。

    言わずと知れたアップルの提供する定額制の音楽の配信サービス。

    サービススタートから使っているのでもう2年半くらい。

    朝起きたらappletvで、移動中はiphoneで、

    新譜も、クラッシクも

    今じゃなしの生活は考えられない。

    最近は誰かのプレイリストを聞くのが楽しみ。

    「morning」とか「rain」で検索するとアップルの作ったプレイリストだけでなく、

    一般の人が作ったものも出てきて新たな発見がたくさん。

    今夜もアップルミュージックを聞きながら

    おやすみなさい。

    Shinsuke


    5年前の今ごろ、山陽山陰地方を

    細かい予定を立てずに1人旅していました。

    広島でふらっと立ち寄ったバー。


    オーナーさんと歳が近く

    広島のことを色々と教えてもらったり

    (広島人に下手にカープの話をしちゃダメ

    話が止まらなくなっちゃうから、とか)

    音楽が好きということで

    話がとっても盛り上がりました。

    広島に滞在中はほぼ毎日のように

    このバーで1、2杯飲んで

    ゲストハウスに戻るという生活。

    とても居心地がよかった。

    そして仙台に戻る前日

    ミーターズとか好きそうだよね?

    宮城に持って帰ってよ!と

    オーナーさんから

    レコードのプレゼント★




    嬉しかったなー。

    時々そのレコードをかけて

    広島のことを思い出してみたり…


    ルーシーではいつも大きめな音で

    気持ちのいい音楽が流れていて

    ここ働きたいと思った理由のひとつ。


    楽しいとき、嬉しいとき、悲しいとき

    1人のとき、誰かといるとき

    どんなときでも近くにいてくれる

    やっぱり音楽っていいですね。


    abe



    椎名純平ライブ

    お席のご予約開始のお知らせ


    2017年2月12日(日)

    DoorOpen 18:30~

    Live 19:30~

    Close 22:00

    Music Fee : 3.000yen

    お席のご予約が必要です。

    先着順に良いお席が埋まってまいります。

    お早目のご予約をオススメします。

    ■ご予約 お問い合わせは

    022-398-8805 Lucy&Glutton.NYC まで







    クリスマスの季節です。

    ルーシーのクリスマスツリー

    とっても暖かみのある灯りなんです。

    そして

    ぼくの大好きなクリスマスソング。

    なぜか、背筋が伸びるんです。

    不思議です。


    Tony Braxton.   The Christmas Song.





    出会いは、十数年前

    いとこから「これ、いいよ」と1枚のCDをもらったとこから

    懐かしいけど新しくて、なんとも言えない妖艶な色気があって、あっという間に虜になってヘヴィロテした覚えがあります。

    最近、また毎日のようにお店の高級オーディオで聴いていますが、やっぱり音がいいから尚更いいんですね~

    レコードを聴くようになってから数ヶ月。

    最近感じるのは、
    名曲は、何年経っても色あせず どんどん良く感じるんですね。
    イイ音とレコード 最高の組合せ に囲まれて贅沢な時間です。
    ・Chiharu・
    ジョルジオ・モルダー

    イタリア出身の音楽プロデューサー 75歳

    最近ラジオを聴いていてすっごくいい曲が流れているなぁと思ったらなんと30年ぶりに出したアルバムの中の1曲とのこと。

    歳を聞いてかなりビックリしました。

    そして思ったのが、歳って関係ないんだね。

    どんな道を歩んできたかが肝心なのね。

    私も40年後にカッコいい人間でいたいな。





    ・Chiharu・
    HOME 次のページ
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /