人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    02 2017/03 04
    S M T W T F S
    1 4
    6 8 9 10 11
    13
    20 21 23 24
    26 28 29 30 31
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
    19_001.jpg

































    定期購読している雑誌のひとつ。
    TRANSIT
    この言葉も大好き
    なんか、ワクワク感がある。

    今回の北欧の特集の中で

    ・自由の根っこにあるもの デンマーク
    【写真:稲岡亜里子(ARIKO)/文:清水香名】

    そうそう、ボクの大親友 しみっちゃんの奥さんがライター
    しみっちゃんの奥さんっていう間柄じゃなく
    もう昔からのファミリー。

    文章も愛に満ちています。
    そして、想像して楽しみ、目の前に風景が広がります。
    行って確かめたくなります。
    何よりアッタカイ・・・

    ボクは
    カナが好きなことできてることが、一番嬉しい。
    いつまでも輝く女性でいてください。

    Shinji Omiya.
     
    honey02.png

































    海を愛し、海に愛される女性のための ビーチライフマガジン HONEY
    今回の目玉っていうか、ボク的に興味あるコンテンツは
    California Beach Scene と New York Beach Scene
    写真、コメント、そして紙質まで
    愛に溢れた雑誌です。

    Shinji Omiya




    映画「ブルークラッシュ」で、印象的だった曲です。サーファーなら解るでしょ!

     


    サーフカルチャーに焦点を当てて幅広い年齢層から支持されている「Blue.」の世界観が女性でも楽しめるようになりました!

    キャッチフレーズは、
    ~「Blue.」に彼女ができました~

    「Blue.」が得意とするファッション、ライフスタイル、美しい写真などを女性目線でお届けし、男性でも見入ってしまうコアな内容もプラスされた海とサーフィンがテーマの『ビーチライフ・スタイル・マガジン』
    その名は「HONEY」

    創刊号はサーファー以外にも大きな注目を集めている「Ron Herman」とのコラボレーション。
    「Blue.」でもコラボカレンダーなど深い関係にあった「Ron Herman」は、メルローズ、ビバリーヒルズ、ブレントウッド、マリブにショップを展開。
    数年前には日本にも進出し、千駄ヶ谷を皮切りに二子玉川、神戸、有楽町、辻堂とすでに5店舗がカリフォルニアの空気を届けています。
    特に千駄ヶ谷店、辻堂店ではサーフを軸とした”R”を展開し、「HONEY」が創造する世界とシンクロ。

    特集ではメルローズ本店の取材、スタッフスナップなどのファッション関係や、日本国内の全店を総力取材。
    他にもパタゴニアのサーフィン・アンバサダー、ベリンダ・バグス、カリッサ・メーダーを始めとしたカリフォルニアの女性アーティスト、トーマス・キャンベルの妻、ティファニーがクリエイトしたサーフフィルム「Dear&Yonder」、海に入る女性なら特に気になるビューティーケアなど、美しい写真がふんだんに使用され、永久保存版レベルの濃い一冊に仕上がっています。

    06216567.jpg

    風のマジム

    伊丹空港のベンチで読書しながら、涙を流すオジサン。気味が悪いです。 原田マハの本には、泣かされっぱなしです。今日の午後便で大阪から仙台に戻ってきました。伊丹空港で時間があったので読書。タイミングが悪くクライマックスを空港で迎えてしまったボク。涙をながしての読書。どうなっちゃってるんですかね~。本当に良い話し(実話)です。是非、読んでみては?そしてLucy&Gluttonで南大東島のラム酒を飲んでみましょう。帰宅後、直ぐにNetで購入しました。

    風のお酒・・・


    内容は、
    主人公「まじむ」の事業計画は南東東島のサトウキビを使って、島の中でアグリコール・ラムを造るというものだ。持ち前の体当たり精神で島に渡り、工場には飛行場の跡地を借り受け、伝説の醸造家を口説き落として―。琉球アイコム沖縄支店総務部勤務、28歳。純沖縄産のラム酒を造るという夢は叶うか。契約社員から女社長に―実話を基に描いたサクセス・ストーリー。

     

     
    前のページ HOME
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /