人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Calender.
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 6 8 9
    10 12 14 15
    19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
    1月からキッチンスタッフとして社員になりました、阿部と申します。宮城県白石市出身の26歳です。

    私の地元は自販機も信号もない、携帯電話も圏外になるような山の中です。道路を鹿やイノシシが歩いていることは日常茶飯事。こんな田舎は嫌だ!と実家を離れ、仙台で暮らして10年近く経ちました。

    実家を離れて楽しかったのは数週間で、鳥のさえずり、風に揺れる草木の音、田んぼのニオイ、そんな当たり前だったものが無性に恋しくなったことを鮮明に覚えています。

    両親が共働きだったこともあり、実家では祖母と一緒にいる時間が長かったのですが、女の子は料理ができないといけないよ!と幼い頃から包丁を持たせてくれました。お米や料理に使うほとんどの野菜は家族で大事に育てたものです。害虫や動物に荒らされたり、天気に泣かされることもありました。

    手間暇をかけてやっと収穫できた米や野菜は仏壇にお供えしてから、シンプルに調理して食べます。今回は上出来だね!とか煮物にしたほうが美味しいんじゃない?とか、そんな話をしながら…

    旬のものや採れたてのものを食べられるのは、本当に幸せなことだと実家を離れて気付きました。そんなことがキッカケで食に携わる仕事がしたいと思うようになり、今に至っています。

    1つ1つの食材には作り手の方のたくさん愛がこもっています。その食材を大切に扱い、美味しさを伝えられる料理を提供できるよう、ルーシーでたくさんたくさん勉強していきたいと思います。

    何卒よろしくお願い致します!




    MIO
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    おすすめメニュー HOME サラダランチ
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /