人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 4 5 7
    8 10 12 13
    16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
    こんばんは。

    今日は雨も降って気温も下がって
    気候逆戻り気味ですね。

    おすすめのメニューから、アラカルトメニューに昇格?した

    牛ホホ肉の赤ワイン煮   ¥980






    大振りにカットした牛のホホ肉を赤ワインと香味野菜と共にじっくり煮込んで、

    マッシュポテトと共に盛り付けて

    仕上げにブルギニョンバター(香草バター)をトッピングして

    お皿ごとオーブンで温めてお出しするリッチな一皿です

    シェフのスペシャリテの一つです。


    牛ほほの煮込みって、仕上がりにも好みが分かれるかと思います。

    ほろほろと崩れるぐらいに柔らかく煮込んだもの。

    弾力を残して噛みごたえを演出したもの。

    当店の牛ほほは後者です。

    「噛みごたえ」イコール「食べごたえ」です。

    ちびちび味わうようなワインの飲み方のお店でしたら、

    前者のイメージですが、

    当店は

    ごくごくとカジュアルにワインを楽しんでほしいお店。

    そんなお店の牛ほほは

    大振りな塊を口に含んでいただき

    ガシガシ噛んで味わい、旨みを口中に

    感じていただく。

    そんな景色をイメージして仕上げてもらっています。

    咀嚼(そしゃく)の数というのは

    食材を味わうのにとても重要なポイントなんです。

    どんなに柔らかいものでも、噛まずに飲み込んで美味しく感じられるイメージ

    ないですよね。

    日本酒を喰らうって言葉がありますが、

    これは日本酒のルーツ、粒の残った米粒が入ったにごりの飲み方に由来していますが、

    実はワインも噛みながら味わっていただくと味わいが変化します。

    これは赤ワインを味わう際の、持ち味を引き出す

    変わったテクニックの一つです。

    これを食事と交互にやっていただくと、

    食材とワイン

    それぞれの持ち味のよきところを引き出して

    合わせることに繋がります。

    えーほんとー?

    なんて思った方

    当店の牛ほほと

    赤ワインは?

    ちょうどボトルにラインナップされた

    ダークホースというフルボディの赤(フルボディなのにボトル¥2800)

    タンニン量とゼラチンのイメージがぴったりマッチします。

    ぜひ試しにいらしてください。


    jun





    地産地消 HOME 美しく
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /