人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Calender.
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 6 8 9
    10 12 14 15
    19 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.

    31UdUORG9XL__SL500_AA300_.jpgAndy Warhol
    Campbell's Soup

    ポップアートのアーティストとして、数多くの傑作を描いたアンディ・ウォーホル。彼の多大な作品群の中でも、キャンベル・スープ缶のシリーズは、もうおなじみです。
    では、なぜウォーホルは、モチーフにキャンベルのスープ缶を選んだのでしょう?理由はじつにシンプル。「僕は自分が美しいと思うものを、いつも描いているだけです。(中略)僕はスープを描いていますが、それは僕がスープを好きだから。」

    ウォーホルがスープを好きになったのには、実は、ちょっとした背景があります。ウォーホルの母親は、毎日毎日、食卓にキャンベル・トマトスープを出しており、その影響からか、ウォーホルは大人になってもキャンベル・トマトスープをずっと食べ続けていたそうです。「今日のスープは用意しましたか。1日1回、毎日スープ、もちろんキャンベル・スープ」という1958年に使われていたキャンベル・スープのコピー通りの食生活をウォーホルは送っていたわけですね。

    Lucy&Gluttonの店内にも、実はキャンベルスープが置いてあります。
    探してみましょう。

    Shinji Omiya.

    懐かしいところから一曲。名曲だよね!

    花井 祐介 さん HOME Lucy & Glutton California その後
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /