人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Calender.
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2
    4 6 7 8 9
    11 12 13 14 16 17
    18 20 22
    25 27 29 30
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.


    ファッション。

    洋服、帽子、靴、アクセサリー、さらには髪型にいたるまですべてをひっくるめてファッション。
    お洒落でも、そうじゃなくともファッション。

    自分は、ファッションというものはそのひとの価値観がそのまま表にあらわれるものだと考えます。

    どういうものに嗜好があるのか、どういう考えを主体にもっているのかなど、色々なものがファッションから垣間見ることができると。

    価値観の表現って難しいし、ひとそれぞれ。

    伝えきることも出来ないだろうし、理解しきることも出来ないもの。

    だけどそれを無意識に、多くのひとに、より簡単に、言葉なしに表現する最大のツールとしてファッションがあるように思います。

    ダッセーと思った服着るひといないでしょう?

    服を選ぶとき余計な概念にとらわれて好きじゃないのに選ぶこともないでしょう?

    自分のその時の価値観で直感的に、良い、可愛い、かっこいい、って思うから選ぶものでしょう?


    それはお洒落だからいいとかっていう話じゃなくね。
    お洒落興味なくて、"着れるものなら何でもいい。"っていうのもその人のもつ価値観だから。

    価値観(ファッション)はきっと経験重ねて少しづつ変わっていくもので、それは生きているんだから当たり前なことで。

    それもまた面白いところかな、と。

    ファッション見ただけで全てわかるとは言えないし、そこで判断するのも良くないのだけどね。


    無意識のうちの自己表現=ファッション。


    自分を表現する手段として楽しむのももちろん、
    ひとを観る上でもファッションをそのひとの価値観として捉えて観たら、もっと面白くなるよきっと。





    masato
    あと1週間・・・ HOME Summer Virsion.
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /