人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 4 5 7
    8 10 12 13
    16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.


    いよいよ、6月から、Lucy&Glutton NYCでも
    BROOKLYN ROASTING COMPANY のコーヒーをお楽しみいただけます。

    Brooklyn Roasting Company は2010年、
    ニューヨーク ブルックリン ダンボ地区に焙煎工場を構えることからスタートしました。
    2011年にはカフェ兼ラボが増設されロースタリーカフェとして生まれ変わりました。
    そこでは焙煎の職人達、バリスタ、全ての携わる人々が心からコーヒーを愛し、
    日々、より美味しい一杯を作り出すため研究を重ねています。

    原産地、農園に至るまでこだわり選び抜いたコーヒーの生豆は、
    ローリング社製の最新鋭のロースター(焙煎機)で丁寧に焼かれ、
    マンハッタン、ブルックリンにあるカフェ、レストラン、
    ベーカリー(そして日本の私達の手元にも)などに出荷されていきます。


    環境保護にも配慮した、彼らのコーヒーに対する真剣な姿勢は
    多くのニューヨーカーから高い評価を集め、愛され支持されています。

    ということで、ニューヨークのコーヒーをLucy&Glutton NYCで・・・

    正直、今のところコーヒーのオーダーは少ない、
    でも、お店は、どんどん進化させていくもの
    たぶん、ブルックリンのコーヒーを美味しく淹れれたら
    それだけでも、お店の雰囲気は変わっていくだろう。
    売れるか売れないかではないと思う。
    だって、ぼく達は、お店でお客様が感じる経験・体験を売っているのだから・・・
    今のニューヨークの雰囲気を少しでも多く、濃く、まとったお店になっていかなければいけないと思う。

    前回のブログで、古澤くんが感じてくれた通り

    憧れをもってもらえるお店
    ドキドキ、ワクワクがいっぱい詰まったお店
    ちょっと危険な香りがするお店
    いろいろ捉え方はあるだろう

    ぼくは、仙台中央二丁目に、仙台のアカリとなるお店をしようって始めた、このルーシー。
    細々と灯っている光りでは満足しない
    キラキラ、そして暖かく灯っているアカリでありたい。

    さあ、6月から、いろんなことにチャレンジ。

    また、ルーシーの夏がやってきます。

    Shinji Omiya.

    BROOKLYN ROASTING COMPANY
    http://brooklynroasting.jp/


    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    OFF SEASON HOME 輝くお店
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /