人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Calender.
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2
    4 6 7 8 9
    11 12 13 14 16 17
    18 20 22
    25 27 29 30
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
    お久しぶりです

    母校(山形中央)甲子園初勝利に喜ぶ

    Furusawaです


    だいぶ更新に間があいてしまいました
    「忙しい」を言い訳にするのはだめですね
    反省しています

    さて

    今年もお盆が過ぎて、今年の夏も終わりが近づいてきました
    お盆が過ぎると、なんとなくしんみりしてしまうのは私だけでしょうか

    「夏のルーシー」とよく言われ
    おかげさまで、今年も毎日がにぎやかなルーシーでいられました
    でもやっぱり
    季節に限らず、毎日がにぎやかなルーシーでありたいし
    そうしていきたいと思うわけですが

    お店を選ぶ理由はみんなさまざま
    「〇〇のあの料理がすごい!」
    「〇〇のワインがうまい!」
    「安くて助かる!」
    「お店の雰囲気がいい!」

    何か頭の中に残った強烈な印象が
    一つのお店の魅力になるんだと思います

    実はルーシーに
    お隣山形県からわざわざお越しいただいている常連のお客様がいます

    今でも覚えています
    初めてそのお客様がルーシーに御来店したときは5、6名での御利用でした
    そのときは店内も混雑しており
    5,6名の御利用で、やっとカウンター席にご案内できる状態でした
    オーダーも立て込んで…

    実はそのお客様の料理を、大分待たせてしまったんです
    ホールスタッフからも催促が入り
    大変申し訳ない気持ちと、くやしさと

    私はお客様がお帰りの際、お見送りに向かい
    待たせてしまい大変申し訳ないお詫びと、御利用頂いた感謝を伝えました

    後日、ホールスタッフから
    「前に御利用頂いたお客様じゃないですか!?」と言われ
    客席を見るとそのお客様がまた御来店してくれていたのです

    以来そのお客様は、ルーシーに何度も御来店していただけるようになりました
    お客様から、そのときのことがきっかけで来るようになったことを聞いたときは
    なんというか、体が震えましたね
    「みんないいスタッフだね」
    「カウンター席が落ち着くんだよね」と言われたことも

    待たせてしまったことは全く良くないことだけれど…

    来て頂いたお客様に
    スタッフみんなでもてなして、楽しんでもらって
    お店の魅力にスタッフの魅力があるお店
    そういうお店はきっと強いと思うし
    ルーシースタッフみんなで、そういうお店を目指したいと思っています


    Furusawa

    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    すっかり秋ですね HOME LUCY
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /