人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Calender.
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 3
    5 7 8 10 11
    13 14 16 18
    19 20 22 24 25
    26 27 28 29 30
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.


    子供のころ夏休みは遊んでばかりで、毎年のようにぎりぎりになってやっと宿題にとりかかり最後まで出来なくて苦しんだのが、読書感想文。

    あのころ、この本に出会えていたらきっと苦労しなかっただろうなぁ。

    この作者の本は、好きで他のもだいたい読んでいるけど、すっごくワクワクする。
    子供のころは、ちょっとしたことが大冒険で毎日楽しかった。
    そんな気持ちを思い出させてくれる。

    作中に
    「食べ物は、美味しく食べてくれるのを待っている」
    ってあるんだけだ、すごくいい言葉だと思う。

    おいしいものを美味しく作る。

    当たり前のことだけど、料理のできない私にとっては尊敬できること。

    日々、食べることに感謝を忘れずに・・・

    <あらすじ>
    「人にはそれぞれ自分の物語があるんだよ」
    継母に子供ができて、家族とうまくいかなくなった少女・舞子。学校でもいじめられ、幽霊が出るというイラズ神社に、ひとり行かされることに。心細さのあまり亡くなった母を思いながら、暗い竹やぶを歩いていく彼女の目の前に、突然、わらぶき屋根の家が現れてー!?
    ねこまたのおばばと不思議な物の怪たちとの出会いが、舞子に本当の自分を教えてくれる。
    心温まる癒しと勇気の物語。

    大人でも子供でも楽しめる一冊です。


    ・Chiharu・




    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    営業力と宣伝力 HOME 七夕
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /