人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • Calender.
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 5 6 7
    10 11 13 15
    16 19 20 22
    23 24 26 28 29
    30 31
    Brand-new.
    Trackback.
    Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Barcode.
    Search.
    Vistor.
    物語は、昭和11年、山形の田舎から出てきた純粋な娘・布宮タキが女中として働いた平井家が舞台。
    平井家の奥様が主人の部下に心傾いていく姿を、晩年のタキが大学ノートに綴った自叙伝をもとにすすめられていきます。

    私が知っている昭和11年とは、まったく違う昭和11年がありました。
    このころの中流家庭は、こんなにも長閑なのかと驚いてしまいます。
    戦前なのにまるで戦後のように感じ、教科書やテレビで見知っている混沌として暗い雰囲気もなく、とても戦時中とは思えない。

    私の知らない昭和が広がっていました。

    ただ、いつの時代だって、たとえ人妻であっても恋する気持ちは同じ。

    ハラハラとかドキドキは、ないのになぜか目が離せない。
    スーっと引き込まれてしまう  そんな映画でした。



    ・Chiharu・








    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ハラル料理 HOME 実態がないようでありそうなもの。
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /