人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2020 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Brand-new.
    Vistor.
    Barcode.
    Archive.
    たんぽぽのお酒の話の続きですが

    こちらはレイ・ブラッドベリのたんぽぽのお酒という本から紹介されています。

    まだその本は読んだことがありませんがレイ・ブラッドベリの「刺青の男」という本は読んだことがあります。



    クリミナルマインドというアメリカのドラマを見ていた時、この本が傑作だと登場人物が語るシーンがありそれで読んでみました。

    内容は 
     暑い昼下がりにもかかわらず、その男はシャツのボタンを胸元から手首まできっちりとかけていた。彼は、全身に彫った18の刺青を隠していたのだ。夜になり、月光を浴びると刺青の絵は動きだして、18の物語を紡ぎはじめた…。流星群のごとく宇宙空間に投げ出された男たちを描く「万華鏡」、ロケットにとりつかれた父親を息子の目から綴る「ロケット・マン」など、刺青が映しだす18篇を収録した、幻想と詩情に満ちた短篇集。

    この説明文だけでワクワクしませんか?

    SFものって敬遠しがちでしたがこれはすごくおもしろかったのでSF敬遠している人にも是非読んでもらいたいです。

    Shinsuke
    クリスマスリース HOME 蔵王野菜
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /