人生を楽しくするヒミツ教えちゃいます。
2020 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • Profile.
    HN:
    Lucy&Glutton.NYC
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    Lucy&Glutton.NYC
    http://lucy-nyc.com/
    仙台市青葉区中央2丁目
    10-1-1F
    022-398-8805
    「ニューヨークのお総菜屋さんがワインのお店を始めました」がコンセプトのカジュアルレストランバー。自慢のグリル料理と旬のオススメメニュー、そして大盛りのグラスワイン。お腹も心も幸せになるお店です。さあ、今夜もHIPな夜があなたを待っています。
    Brand-new.
    Vistor.
    Barcode.
    Archive.


    もう一度手を取り合って、みんなで未来を向いて歩いて行こう
    8人の同じ志を持ったアーティストの想いが込められた
    [ re: ]プロジェクト

    もっとTAKAの声が聴きたい
    というボクの想いは置いといて、、、
    この歌を聴いてると穏やかな気持ちになります

    もう一度
    いや、何度でも聴いてます

    MG.YAMAZAKI



    4月27日(月)
    只今、休業中

    はじめて彼の声を聴いたときに
    心を奪われて
    はじめて彼のLiveを見たときに
    虜になりました。

    時に甘くて
    時に力強く魂の籠った彼の声
    アップテンポも
    スローテンポもどっちも好きです。
    ぜひ一度、聴いてみてください。

    Live Version
    になると
    いつ歌うのっていうくらい前奏が長いんです
    でも
    それには理由があって
    彼の魅力は声だけじゃないんです。

    ステージにはギター1 本で現れて
    ループステーションを使っていう録音と再生を即座に出来る機材を使って
    ビートやコーラスなどを次々に加えて重ねて いくのが彼のスタイル。
    むやみに
    手をポチポチ
    足をバタバタ
    しているわけでなく、ちゃんと意味があるんです。
    Liveに行くと
    彼の凄さと魅力に気づきます。
    あと
    しゃべり方がかわいんです。





    『&Premium』の音楽紹介のコーナーがいい感じです。

    土曜の朝と日曜の夜の音楽。

    ミュージシャンやクリエイター、写真家など、音楽好きの“選曲家”たちが月替わりで登場。 土曜の朝と日曜の夜に聴きたい曲を毎週それぞれ1曲ずつセレクトする

    アップルミュージックでもおすすめなどで新しい曲を紹介してくれますがそこは自分の好きなものに関連付けられたものが多いので全く違うジャンルのものを紹介してくれるので楽しいです。

    最近のヒットははこちら



    ゆっくりしたい夜にぴったりですね。

    Shinsuke
    フライングロータスが好きです。
    アンダーソンパークも好きです。
    でこの二人が手を組んでいる曲が「Flying Lotus」の「More」です。
    ミュージックビデオがまたいい。



    監督は渡辺信一郎。
    海外での人気が高そうなカウボーイビバップ、サムライチャンプルーなどの監督です。

    渡辺信一郎は他にもブレードランナーの関連作品も手掛けています。



    こういった路線の作品を期待したいです。

    Shinsuke




    最近いつも聞いているアルバムがマック・ミラーの『Circles』

    穏やかで、アンニュイな雰囲気。
    ドラムやギターの生音とアナログな電子音が溶け合った滑らかな質感が心地よく
    呟くようなマックの歌やラップが心地よいです。

    彼が亡くなるまで取り組んでいたのが、この『Circles』だ。内容的には、生前最後のアルバムとなった『Swimming』(2018年)と対になるような、対比的な作品を目指して作られていたようである。〈2つの異なるスタイルは互いに補完し合うもの〉で、そのコンセプトは〈Swimming in Circles(円の中を泳ぐ)〉というものだった。

    マックミラーは2018年9月に亡くなっています。死後に発表されたアルバムってアーティストが本当に作りたかったものなのかと猜疑心を抱いてしまいますが、彼が出したかったのものに沿っているものだといいなと思います。

    RIPマック・ミラー。

    Shinsuke


    前から好きでよく聴いていた
    彼の歌
    何やら仙台に来るらしい
    しかも平日
    これは行ける
    いや、行くしかない!

    ReN
    ワンマンライブ

    手にはギター1本
    マイクは2本
    何やら足元がやけに動いている
    2曲目くらいから分かったんですが
    サブのマイクでコーラス
    足元の機械でビート
    その場で録音し曲中に重ねている
    ギターを調整するスタッフは1名いましたが
    ほんとに一人。
    飲食店に例えるなら
    自分で料理を作って
    自分で運んで
    いや、、、なんか違うような・・・
    まぁ
    とにかくすごい!んです。

    心に響く彼の歌声
    MCの時の無邪気な笑顔
    まるでワンオクのTAKAを連想させる、彼の考えも心に響く

    素晴らしい感動の2時間でした。
    また来仙した時は必ず行きます。

    マネージャー山崎
    北海道の音楽ネタでもう一つ外せないのはジャミロクワイの「virtual insanity」です。



    この曲は札幌地下街での体験がインスピレーションらしいとのこと。

    【検証】ジャミロクワイ「Virtual Insanity」は、本当に「さっぽろ地下街」からインスピレーションを受けたのか

    実際に歩いてみましたが相当長いですし地上よりも人が歩いている感じはしました。

    雪でも降っちゃえばみんな地下を移動するんでしょうね。

    そんなこと抜きにしても曲もMVも本当にいいです。



    Shinsuke


    先日のお休みに北海道に行ってきました。

    北海道といえば著名な有名人やアーティストなど数多くいますが

    自分の中での一番はザブルーハーブです。

    2000年前後にJ-rapを聴いていたものとしてはまず外せません。

    尖っていながら筋の通ったリリックに、どこか暗い、サンプリングの加工や複雑に打ち込まれたドラムが特徴的なトラック。

    ファースト、セカンドアルバムは間違いなく名盤です。




    これを聴きながら札幌を闊歩してきました。

    Shinsuke
    好きなアーティストの一人です。

    奇才という言葉がぴったりな感じ。

    東京でポップアップショップ開いていたみたいです。

    APHEX TWIN POP-UP STOR



    なんでこのタイミングなんでしょう。よくわかりません。

    エイフェックスツインといえば曲はもちろんですがMVもぶっ飛んでいます。

    結構刺激的です。見る方は注意してください。



    Shinsuke


    今週の日曜日はルーシーの姉妹店 Bar Gimme Shelter で

    椎名純平ライブです。

    2年前にはルーシーでライブをやって頂きました

    その時は働きながら耳を傾けていましたが

    歌声に圧倒されました

    椎名純平さんの歌声とギミーシェルターのお酒に酔う

    何とも贅沢な夜ですね

    まだ若干のお席の空きがありそうなので

    気になる方は、Bar Gimme Shelterへお問い合わせください

    お問い合わせ
    022-797-5234

    Shinsuke
     

    2019年一番待ちわびていた日
    ついに当日を迎えました。

    席はもちろんアリーナスタンディング
    席番はA2
    前回はA1~A10くらいまであってA2だと最前ですが左の端っこ
    今回も同じだなぁと考えていたら
    A1~A3までしかない
    ん?
    ということは・・・
    最前列のど真ん中。

    気分あがりますよ コレは。

    でも最前列には危険がいっぱい
    ぶつかり合うモッシュや
    観客の上から乗っかるダイブなど
    盛り上がる曲の時に現れるLIVEのノリ。

    LIVEの一体感は好きですが
    イタイのや肩を組んで一緒に盛り上がるとかは
    苦手なんです。
    自分ひとりで自由に跳ねたり、手を突き上げたりしたい。

    なので、後方にいればこういうLIVEのノリは
    回避できるんです。
    でも、仙台の会場はステージと観客席が近いんです。
    しかも、ノリノリの昔の曲も歌うんです。

    さらに気分あがりますよ コレは。

    いつの間にか・・・
    後方にいたのに、気づけば前から4列目。
    LIVEが終われば
    腕、足はパンパン
    ダイバーが上から来たので、首もイタイ。
    モッシュに巻き込まれて、胴体も負傷。

    まぁ
    今回も最高のライブだったから
    こんなの全然いいんです。

    たくさんのスタミナを使って
    たくさんのパワーをもらいました。

    さっ
    明日から仕事がんばろう!

    マネージャー山崎

    グッズって
    買わないって思ってても
    見ると
    ついつい買いたくなるんですよねー。

    ベックの新曲がリリースされています。




    この曲はファレルウィリアムスとの共作とのこと。



    ポップでエネルギッシュな方のベックですね。



    でこの曲をBeatsのCMで使っているのですが監督がヒロ・ムライ




    映像も素晴らしい。



    アルバムも制作中らしいの楽しみです。



    Shinsuke



    今更ですがサカナクションにハマっています。

    ユリイカやmellowなどのメランコリックな楽曲がお気に入りです。



    まだアップルミュージックのプレイリストしか聞いていませんのでこれからオリジナルアルバムを聴いていきますのでお気に入りの曲がでてくるか楽しみです。

    Shinsuke



    U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSの新曲。

    曲はもちろんですが映像もグッド。



    ヒップホップの偉人たちはハナレグミが描いていますが味があってとてもいい。

    Shinsuke
    スペシャルズが37年ぶりニュー・アルバム



    ってことで期待したけど

    イマイチ...


    期待してたぶんだけハードルが上がってしまったのでしょうか。

    40年前のこのアルバムは今聞いてもクール。



    100年先も残る作品ですね。

    Shinsuke



    HOME 次のページ
    Copyright © Lucy&Glutton.NYC.Blog. All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /